2012年04月02日一覧

もみじの郷だより3月号より 〜職員のコラム〜

 そろそろ暖かくなってきて欲しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて今回は紅葉の郷内でお食事のことを考える際、心がけていることをお話させていただこうと思います。それは「当たり前のお食事」と「ちょっと特別」という意識です。紅葉の郷ではあくまでお家の感覚と同じように過ごしていただきたいと考えております。家で当たり前に出来ている当たり前の見た目、当たり前の温かさ・・・。できる限り家で食べる感覚を基準にして改善を加えるようにしています。
 ただそうは言っても、200人近いご利用者に100人近くの職員と30人近い厨房職員が携わっていますので、時には細かい気配りが行き届かない場合もあります。しかし逆に大勢いるからこそ出来る、年中行事や食企画のような特別なこともたくさんあるはずです。
 そんな「当たり前」と「ちょっと特別」を織り交ぜながら、ここで過ごし利用してくださる皆様が作っていく思い出に、ちょっとでも彩りを添えることが出来たらと願っています。
                          管理栄養士 北 佳誉子