「元気を出そう!幸せの黄色いハンカチ」

 今月初旬、国から緊急事態宣言が発令され当稲ふれあいセンター(総称)も行政の 指示により休館させていただいておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?特に 日頃当センターをご利用されておられる皆様にとってはご自宅での生活を余儀なく されストレスもたまっておられるのではないかと危惧しております。
 さて、皆様は1977年に公開された高倉健主演の「幸せの黄色いハンカチ」を 覚えておられますでしょうか? 「自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色い ハンカチを下げておいてくれ」と妻に言い残し、感動のラストシーンで涙された方 も多いかと思います。当センターではこの映画を真似て、皆様のご健勝をお祈りする と共に、最前線で奮闘しておられる医療関係者の皆様や休業を余儀なくされている 皆様方等を応援するためセンターのポールに「黄色いハンカチ」を掲揚しました。 センターの前を通りかかった時にはこの「黄色いハンカチ」を見て少しでも元気を だして頂ければ幸いです。そしてこの感染が一日でも早く収束し皆様をお迎え出来る 日を心待ちにしております。 「コロナに負けない!」くれぐれもご自愛ください。  

4月吉日
                                                                        箕面市立多世代交流センター
                                                                                 センター長 安達 弘 
                                                                                  スタッフ一同