詩吟コンサート

今日は紅葉の郷ロビーにて、新大阪岳風会紫苑支部のみなさんによる、詩吟コンサートが行われました。
詩吟のコンサートは初めてでしたが、みなさん真剣な面持ちで耳を傾けていらっしゃいました。
途中、詩吟の声の出し方を教えていただいて黒田節や荒城の月を一緒に吟じたり、富士の山の歌に合わせて歌体操をしたりしました。


紅葉の郷だより6月号より 〜施設長のコラム〜

 夏も近づく八十八夜♪の歌が聞こえてきそうな季節になりました。また暑い夏がやってきますが、元気で乗り切りましょう。
 さて、私ごとで恐縮ですが、高校生の頃からフォークソングが大好きで、いつもギターを抱えてへたくそながら唄っていました。紅葉の郷でも、機会がある度に皆様の迷惑を顧みず?少々音程がはずれていても色々な歌を披露させていただいています。最近は選曲にも変化がでてきて、美空ひばりさんの「川の流れのように」とか「愛燦燦(あいさんさん)」とかを唄うことが多くなってきたことに気付きました。理由は明白で、歳を経ていくうちにその歌詞の素晴らしさに共感できるようになってきたからです。「知らず知らず歩いてきた 細く長いこの道 振り返ればはるか遠く 故郷が見える」や「人生って嬉しいものですね」という歌詞に感動すら覚えます。昔、玉置宏さんという司会者の「歌は世につれ、世は歌につれ」という名セリフで始まる歌番組がありましたが、「歌は歳につれ」です。
 紅葉の郷では毎月のようにボランティアの方にコンサートを催していただいておりますが、懐かしい歌を口ずさみながら涙を流されている光景を見かけます。決して上手ではありませんが、皆さんの魂に語りかけられるよう、これからも一緒に歌っていければと思っています。

今月開く言葉
「若い時我々は学び 歳をとって我々は理解する」
                  〜エッシェン バッハ〜


元気体操

今日はケアハウスの元気体操の様子をご紹介します。
毎週月曜日の午後に約30分間、体操の先生から簡単な体操指導を受けています。
ラジオ体操に始まり、手指を動かしたり身体を動かしたりするのですが、頭の体操にもなります。
お部屋にこもりがちな方々の運動不足やストレスの解消に繋がっています。


6月のお誕生会

今日は6月のお誕生会で、それぞれの部署でお祝いをしました㊗
特養4階では、施設長がギターと歌のミニコンサートをし、みなさんも一緒に口ずさんでおられました。
今月のお誕生会特別メニューは、鯛めし・お吸物・かき揚げ・冬瓜のうすくず煮・穴子と茗荷の酢の物。デザートはケーキと紅茶でした🍰☕
6月生まれのみなさま、おめでとうございます👏

 


懐メロ歌謡ショー

5月29日(土)に紅葉の郷ロビーにて、懐メロ歌謡ショーが行われました🎤この歌謡ショーは、年に数回行われており、ボランティアさんの歌を聴いたり、特養やケアハウスにご入居の方が歌ったり、全員で合唱したりと賑やかなひとときを過ごしていただいています。

 


生け花

デイサービスで生け花教室をしました。特養からの参加者もあり、たくさんの作品ができました。みなさん、昔、習っていらっしゃったのでしょうか。それぞれ思うように生けていらっしゃいました。作品の出来ばえはいかがでしょうか🌼

 


5月の職員研修

当施設では、毎月職員を対象とした施設内研修会を開催し、職員の介護技術の向上をはかっています。
毎月テーマは違っていて、5月は“褥創(じょくそう=床ずれ)について”です。褥創ゼロを目指して、職員の褥創に対する関心・意欲を高めることを目的とし、職員が介護する側、される側を実際に体験して学びました✏

 


懐メロの日

ケアハウスメイプルガーデンでは、ご入居の方からの提案により、月に1度“懐メロの日”を設けています。
カラオケを50インチテレビに接続して、懐メロをカラオケに合わせてみんなで歌います。カラオケで歌ってみたいけれど、一人で歌うのはちょっと恥ずかしいという方も参加しておられます。カラオケやコーラス会とは少し違った雰囲気でみなさん楽しんでいらっしゃいます🙂

 


炎の鉄人?

今日は、昨日特養4階で行われた食企画のご紹介です。写真では、何事?と思われるかもしれませんが、火災ではありません。ステーキ調理の実演です。
みなさんの目の前でステーキを焼くと、おいしそうな香りが部屋いっぱいに広がり、焼きたてのステーキにみなさん舌鼓を打っていらっしゃいました

 


コンサート(フローラアンサンブル)

5月15日、紅葉の郷ロビーにて、フローラアンサンブルコンサートが行われました。ピアノ・フルート・ソプラノ・コーラスと、盛りだくさんの楽しいコンサートでした。みなさんと一緒に歌うコーナーでは、手や肩をたたきながら歌ったりして、和やかなひとときでした。